事前のヒアリングが大切

幹事はこの宴会はどんな飲み会にしたいのかを決める事が大切です。飲み会のテーマが何かを考えて見ましょう。参加人数のリストを作成する事も大切です。このリストは受付けや会費徴収用にも使えます。日程を決める時は先ず複数の日程を参加者にヒアリングする事も大切です。日程が決まったら、やはり事前にヒアリングをして会場を決めます。この会場選びは色々な意味で重要です。そして行き違いが無い様に慎重に会場を予約します。小規模な宴会なら幹事一人で問題無いですが、大規模なら幹事は複数決めておきましょう。複数の幹事がいる事で手間の分業や色々な考えを交換出来ます。そして昔の幹事経験者からの情報収集も是非行いましょう。そして役割分担するスタッフも決めておきます。

重要な料理とドリンク

大規模な宴会なら必ず会場の下見が必要です。更にその会場の担当者と打ち合わせをします。そして宴会の主役の1つ料理を決める事です。理想は参加者全員が美味しいと思う料理です。これも事前にヒアリングするかアンケートを取って見る方が良いでしょう。料理を決める時には、もう1つの主役ドリンクも決めなければいけません。お酒が飲める人や飲めない人、酒に拘りがある人や飲み放題が好きな人等様々です。やはりこれも事前のヒアリングやアンケートが必要です。この料理とお酒を適当に決めてしまうと後で取り返しがつかない事になります。幹事としての信用は崩壊し2度と幹事を頼まれる事は無いでしょう。この2つの重要ポイントを押さえておけば、後はイベント内容だったり会費や座席を決める事等です。

大阪の宴会には早割期間を設けて、その期間内なら予約して宴会をするグループに5大特典付きという店があります。