CADを使う重要性とは?

CADによる設計支援で製図を用いる仕事の効率はずいぶん上昇しました。CADは土木や建築の業界での業務のデジタル化により必要不可欠な存在になりました。これからどんどんCADの需要は高まっていきます。なのでCADを使うオペレーター側の能力もそれに応じて教育していかなければなりません。CADソフトのグレードはどんどんバージョンアップしていきます。それに追いついて使用者が成長していくのは至難の技です。

中心になる業界は積極的にCADソフトの教育を推進していかなければ、オペレーターの質は下がってしまいます。やがて オートメーション化が進むことによって、オペレーターさえも必要なくなるかもしれません。機械に仕事を奪われる前にしっかりとオペレータの立ち位置を見定めておかなくてはいけません。

新しいものを取り入れるメリット

大企業やメーカーでは設計プロセスを他部署と共有することが多く、瞬時に情報を送り合います。設計変更やその他のトラブルにもスピーディーな対応が求められていきます。さらにもう一段階効率的な設計プロセスを標準化するために必要な人間は限られてきます。きちんとCADを使って管理や指示を促すことができる人が生き残ることになるでしょう。また、会社も新しい目標として能力の競争を促して、新しいものに対応できる人材を選ぶようになります。CADが導入されたからといって自分の仕事が楽になると思っている方は危険です。CADの機能を生かして自分という存在を100%以上のパフォーマンスとして表現できるよう心掛けていきましょう。

電気CADとは、パソコンで電気設計を行うことのできるソフトで、設計や図面の作成が効率よくできる支援システムです。