そもそもCADとはどんなものか?

CADとはざっくり言うと機械の部品や家、洋服などの製図作成ソフトウェアのことです。

有料のものから無料のもの、平面(2D)から立体(3D)まで様々な種類のものが存在し、パソコン上にインストールすることで使用可能になります。

機械・建築・洋服、それぞれを同時にひとつのCADでというのは難しいですが、分野ごとであればあらゆる図面が作成できます。

例えば建築CADの場合、土台から屋根に至るまでには様々な図面が必要ですが、それらはCADソフトが1台あればおおむね作成可能です。

昔は製図も手書きで行っていましたが、『手書きよりも早く正確に製図ができる』ということで、現在はCADソフトを使う業者が多いのではないかと思います。

『製図ソフト』CADを導入する利点とは?

上記のとおり、昔は製図も手書きで行っていました。

この『製図を書く』という作業はいわゆる職人技で、鉛筆やシャープペンシルを駆使して太い線や細い線を描き分け、見やすくわかりやすい状態にする技術が求められます。

文章にするとシンプルですが、実際はそう簡単にはいきませんよね。

次から次へと新しいものを生み出していく必要がある業界では、スピードが何より大切になります。

誰でも正確に素早く製図できるCADソフトは、そういった意味でも企業・個人にとって大きな助けになると思います。

とはいえCADの操作に慣れるためには少し時間がかかるのは確かですが、巷にはCADの操作方法を教えてくれる動画や書籍など、勉強ツールがたくさんあります。

職人の技も貴重なものですが、より早く多くのものを生み出していくためにぜひCADを導入してみてはいかがでしょうか。

上下道工事に関わる配管図面や申請書の作成をパソコンで行うのが水道CADです。人の手で行う手書きに比べ、正確な仕上がりになり効率も上がるというメリットがあります。