どんなメリットがあるのか

合宿タイプの教習所は、合宿免許という名称で親しまれていて、主に10代と20代の若者に人気があります。人気がある理由としては、短期間で取得可能な点や、多くの合宿が30万円以内の料金で利用出来る点が挙げられます。料金は、卒業までの卒業費用や検定費用が含まれていて、自宅から教習所までの往復交通費と、技能教習を失敗した時の再教習費用も自分で負担する事はありません。更に、技能教習や検定に失敗した場合に起きてしまう延泊料金に関しては、数日分負担してもらえるので、運転が苦手であっても最後まで不安を覚える事無く技能教習に取り組めるでしょう。

食事の心配をする事が無い合宿免許

合宿免許のメリットは、費用面以外では滞在中の食事を自分で準備する必要が無い事です。朝と夜は宿泊先や提携レストラン、昼は教習所の食堂で食べられるので、夕食後は時間を掛けて学科試験の勉強が出来ます。

合宿のデメリットやその対策方法について

合宿免許のデメリットは、見知らぬ土地の遠方教習所に通ってほぼ休みなしで教習をする必要があるので、ホームシックになる可能性があります。ホームシック対策は、一緒に合宿に取り組んでもらえる友人を見つけておく事であり、グループプランなどを使って滞在すれば、お得かつストレスなしで過ごせます。そして、学校が始まる直前の8月や3月に合宿スケジュールを組むと、学校が始まってしまう事で卒業出来なくなるケースも出てきます。合宿免許は、最低でも半月程度掛かる事から、入所から免許取得までは20日程度の連続したスケジュールを確保しておくのが良いでしょう。

合宿免許の料金は教習所が空いている時ほど安くなる傾向があり、時期により料金が変化するというのも一つの特徴です。